<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が崩れれば皆が崩れます
ベバでミョンミンさんに、指揮の指導をされたソ・ヒテ芸術監督が
「俳優キム・ミョンミン」について語った記事があがっていました。
読んでとっても感動してしまいました・・・

何日夜を明かしても実直な彼の一言,“私が崩れればみな崩れます”
ドラマ‘ベートーベン ウイルス’の音楽監督ソ・ヒテがみた俳優キム・ミョンミン

ドラマ‘ベートーベン ウイルス’の指揮者であり主人公でケスティングなったキム・ミョンミン氏に会ったのはドラマが始まること約5ヶ月前だった。
一般的に演技者らは書面契約にならない状態であらかじめ駅を準備する場合が珍しいと知っていたが,時間が迫っていると感じたのかキム・ミョンミン氏はすでにマエストロになる準備をしていた。
その日以後ほとんど毎日のように少ないのは2時間で多くて一日中共に練習をし始めた。 自身が引き受けた役割を延期(演技)するために絶え間ない練習と研究をするキム・ミョンミン氏は常に自らに苛酷なムチを加えていた。 この役をすると決心したその瞬間からキム・ミョンミン氏は徐々にマエストロになった。

私はキム・ミョンミン氏に指揮と音楽を教えたが,むしろキム・ミョンミン氏に学んだ漸移本当に多い。 ドラマ撮影が始まった後には夜遅くまで撮影して家に行って,少しの間休むことにもかかわらず,我が家に駆け付けて,翌日撮影する指揮を練習してまさに撮影会場に走って行くこともした。 彼の演技に対する執念は驚くべきだった。 彼は絶対自分のミスを容認しなかった。 ひとりの徹底した演技者が誕生するのはそのままなることがないということを彼は見えてくれた。

カンマエのコンセプトはベートーベンが生きた古典時代に住んだような人だった。 語り口だけでなく衣装や髪型まで自尊心が強い人物で,あたかも額縁の中のベートーベンが生き返ったような姿で作った。 服の襟を最大限高め,チョッキも特別にそろえて,入庫,列時計を使って,髪型もベートーベンのようにウェーブ背負子(しょいこ)して姿自体がクラシックするように見えるようにした。
演出,作家,私,キム・ミョンミン氏,コーディネイターが全く同じ考えなのでことはてきぱき進行になった。 デザイナーらがイタリアに行って直接伝統的な指揮者らの服装を習ってきて,製作した。 服に各々心を入れて角を立てたし,カンマエの衣装はそのように準備ができていった。
衣装を選択して姿を創造してキャラクターを設定するのを見ながらも驚いたがキム・ミョンミンはそれこそ徹底したプロであった。 その多くて,長いセリフを覚えながらも,ほとんどNGを出さなかった。

ウインナー後通り(距離)でカンマエが恋人と離別する場面があった。 ところでカンマに大使がみなドイツ語であった。 ウインナーで留学した私は直接ドイツ語を教えたしキム・ミョンミンはドイツ人ぐらい正確なドイツ語を駆使して,皆を驚かせた。 一緒に延期(演技)した演技者のドイツ語は一言もわかれませんが,キム・ミョンミン氏のドイツ語大使は完ぺきだった。 このあるシーンのドイツ語大使のために約一ヶ月間でも継続して,反復練習をした結果であった。

またキム・ミョンミン氏はすべての演奏曲をみな覚えて,キチンと指揮したし,音楽の流れと感情船を正確に把握して,対処した。 窮屈な撮影スケジュールにただ一度も印象(引き上げ,人相)しかめることがなかったし何日夜を明かして,撮影する時も乱れた姿を見せなかった。 いつか一度は“疲れないのか?”と尋ねたところ“私が崩れれば皆が崩れます”といった。 “すごい。”という声がひとりでに出てきたしスターはこれでスターだね,節減した。

キム・ミョンミンを見て,私が感じたことは,やはり人は苦難を体験してこそ真剣なところ人間になるということだ。 よく知られているように彼はタレント採用試験に合格しても9年という無名時代があった。 配役を引き受けたいがよく上げなくなり俳優生活に希望もなくて待つことに疲れて移民に行こうと手続を踏んで家も整理した。 その時キム・ミョンミンの夫人が息子ジェハを持って,臨月中であったのに,奇跡のようにもドラマ イ・スンシン役をしてくれという提案が入ってきた。
キム・ミョンミンは“そうだ他国へ移住してもこれまでしてみて行こう。 それでこそ俳優であった私が‘イ・スンシン役をした人です’という話でも夏至”という心情で役を担うことになったという。 そして1年半にかけた長い時間彼は本当に李舜臣将軍になった。 イ・スンシン ドラマをしないで彼が移民に行ったとすれば今日のキム・ミョンミンはなかったことで,私たちはカンマエの姿を他のカンマエで見なければならなかっただろう。

キム・ミョンミン氏という演技者が韓国にいるということが真の幸運だ。 彼の人生の過程,彼の激しい職業精神,彼の成功は多くの人々にずっと希望を与えることだと信じる。
元記事はこちら

私が崩れれば皆崩れます
すごい言葉です。
胸を打たれます。

いつもいつもお薬を飲みながらも、ものすごいプレッシャーと闘っているミョンミンさん。
でも周りにはそんな素振りを見せようとはしない、純粋にドラマを引っ張っていこうとする責任感
そして演技に対するプライドがミョンミンさんを支えているんだな・・・そう思いました。

あの若い日のカンマエが留学先の教授に抗議するシーン。
何語かな?すごく流暢だな~(あーストレートヘアもかっこいいわ~
なんて呑気に観ていた、あのそんなに長くないシーン。
そのセリフを1か月も練習してたなんて・・・!!

ほんとにミョンミンさんは、不器用すぎるし実直すぎます。
だけどその不器用さが、たまらなく大切なものに思えてしょうがないです。

いつまでも見守って応援していきたい・・・
また新たにそんな気持ちになってしまいましたよ、私。
Secret
(非公開コメント受付中)

*emu*さん・・・
ありがとうございます。
また泣きました。
沢山の端役を経験したミョンミンさんだから、いろんな主役の人を観てきたんでしょうね。ほんとに一生懸命演技する人、中途半端な人、みんなを引っ張っていく人、そうでない人・・
だから自分が主役になったらこうしようとか、考えたんじゃないでしょうか。どんな人でも周りに少なからず影響を与えているわけですけど、主役の言動で撮影現場の雰囲気って大きく変わると思うんですよね。そういうミョンミンさんの真摯な姿勢を見て、影響を受けた人は沢山いるんじゃないでしょうか。
ミョンミンさんはクリスチャンだそうですけど、まさに神はいるというか、イ・スンシンという役がこのタイミングで巡ってきたことに、私も感謝したいなと思いました。
長くなってすみません。
私たちって、幸せですねv-406
mimさん♪

ミョンミンさんは本当に努力の人だし、無名時代にはたくさんのつらい思いをしてきた人だからこそ、こんな風な言葉がでてくるんだな・・と思いますね~。
でも決してそれを人には強要しないだろうし、だけどそれがかえってまた周りの人に影響を与えていくんでしょうね。
監督の最後の文章を読んでしみじみ思います。

だけどミョンミンさん、素顔は素朴でおちゃめな可愛い人なんですけどね~♪(そこが好き・・・笑)

本当にミョンミンさんに出会えて幸せです!!
emuさん…
ベバめちゃいいv-10
カンマエ素敵でカッコよすぎて…
もうすぐ見終わっちゃいそうなのが残念です。。。
とりあえずそれだけでも言いたくてv-22

カンマエのキャラとみょん氏最高~e-266
utataさん♪

うふふe-266ほんっとにベバいいよね~!!

カンマエって、なんか放っておけない魔の魅力がありますよね。
ルミもそれにやられたんだねーきっと(笑)

私もカンマエとお別れするのがかなり寂しかったです。
utataさん、じっくり楽しんで観てくださいねっ。
私の愛私のそばに 公式サイト
待ち焦がれています
プロフィール

*emu*

Author:*emu*
韓国ドラマ大好き♪
キム・ミョンミンさん大好き♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。